2005年06月13日

笑えよ。世界はお前が悲観するほど悲しみに満ちてない。

「君のもとへ・・・」

どんなことからも逃げずにいられる人はいない
壁ってやつに一度はブチ当たり
挫折してるはずさ
そうやって倒れたからこそ見えるモノがある
くだらない人間にならないために
今失敗も必要さ

何を悩む必要がある
ハードルが高くても少しずつ越えてけばいい
ただ逃げるんぢゃなくて
またここへ着た時そのハードルを一気に越えてやろう


人の痛みがわかるやつは
辛い想いをたくさんしたはずさ
だからこそ誰かを大切にするために必要な事を
たくさん知っているんだ
君がどんな経験をしてるかなんて
興味はありまくりだけど
自分の弱さを
君を支えられる力があるかを
今大きくて冷たい壁が行く手を阻む


どんなことでもうまくやれると想っていたんだ
壁ってやつなんかすぐ登れて
乗り越えられるはずさ
でもなぜなんだろう
君の事だけはうまくいかない
自分は恋愛レベルが低すぎるのか
今失敗の最中さ

理屈なんかぢゃないんだ
教科書には載ってないけど情熱を燃やしたい
ただ突っ走らずに
君の事を大切に想うために
しっかり気遣おう


自分が辛さを識っているから
辛い想いを人にさせたくないのさ
だからこそ君を大切にするためにやるべきことを
少しずつ積み上げていくんだ
自分がどんな経験してきたかとか
君に知ってほしいよ
自分の弱さも
表現できない君への愛の深さも
今大きな壁を最短距離でぶっ壊してやる


今の自分は変わっているかい
どんなにつらくてもがんばれているかな
君の目にはどう映る?
所詮ちっぽけな自分の一歩だけど
壁の向こうにいる君に足音だけでも届かせたい


人の痛みがわかるから
辛い想いをたくさんしてきたよ
だからこそ君を大切にするために必要な事を
たくさん知っているんだ
君がどんな未来にいるかなんて
興味はありまくりだけど
自分は弱くて
君を支えられる力があるかわからないけど
今すべてを抱えてこの壁を越えよう
君の待つ向こう側へ…

posted by grandeur at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。